1.

ゼミの紹介

まちの歩き方、記録のとり方、付箋をつけてデータ化する本の読み方、物事を、歴史の深みから、考え、みんなで議論します。まちや風景から発見し、本やネットから発見し、友人との対話のなかで見方を発見するゼミです。教員は、歴史や民俗から地域づくり、まちづくり、国土計画を政策実践してきたプロです。

2.

教員の専門とゼミの関連性

日本で稀有な 博士(文学)の都市計画・土木計画の実践研究者です。歴史を研究するのではなく、歴史的な深みから、哲学的思考から、地域を考え、人の暮らしを考えます。国土交通省、大阪市、兵庫県、環境省、NEXCO西日本など、多方面で政策実践しています。授業で、お遍路に行くこともありました。

3.

身につく力

変容する知識産業時代において、既存の技術、資格を学ぶだけで、有意義な人生がおくれるでしょうか。あなたが好きな道、歴史、文化、民俗・・・。自分の思い込みを打ち破り、好きなことを深く考え、学ぶ力をつけることは、生きる上で重要です。学外で情報や英語の資格をとり、学内で学芸員や教員の資格をとることも重要です。友人と学びあい、教員も含め、お互いが向上するようなゼミをめざしています。 

  • photo

    四国八十八カ所遍路宿にて